ノイス(NOISU)の正しい使い方

ノイス(NOISU)は年齢とともに濃くなっていく女性のヒゲのような産毛やムダ毛をケアできる専用クリーム。

 

これまでに無い、加齢による女性ホルモンの低下に着目したクリームとしてメディアでも話題の商品です。

 

簡単なケアで無理なくヒゲやムダ毛をケアすることができます。

 

特にむずかしいことは無いのですが、確実に効果を実感することができるようにノイス(NOISU)の正しい使い方をマスターして起きましょう。

 

正しい手順

 

ノイス(NOISU)の正しい使い方の手順をしっかり確認して、確実に効果を実感できるようにしましょう。

 

まずノイス(NOISU)は毎日、忘れずにケアすることが大切です。

 

お手入れは毎日2回、毎朝、洗顔を行った後でスキンケアを行う前に、夜は朝と同様にお風呂上がり又はメイクを落とした後のお手入れをを行う前のきれいな状態の肌に使用してください。

 

ノイス(NOISU)は肌につける手順は次の通りです。

 

手順1

 

実際に肌につける時には、まずノイス(NOISU)を小豆の大きさの量ほど指の腹に取ってから、鼻の下やアゴのヒゲや産毛、ムダ毛が気になる部分にのせます。

 

手順2

 

その次に肌の気になる部分にのせたノイス(NOISU)を、指の腹の部分で30秒から40秒ほどかけてやさしく肌になじませてください。

 

 

ムダ毛処理後のノイス(NOISU)の使用方法

ムダ毛を毛抜きやカミソリで処理した後に毛穴が目立ってしまうのは、処理を行った後で毛細血管から出血してしまっているのが一番の理由です。

 

だから毛穴を放おっておくと肌トラブルの原因になってしまうので、ノイス(NOISU)を使ってしっかり毛穴のケアを行う必要があります。

 

ノイス(NOISU)には刺激をやわらけるアルニカ花エキスや抗炎症効果を持つ甜茶エキス、余分な皮脂を抑制するノイバラ果実エキスが配合されているので、カミソリや毛抜きでムダ毛を処理した後の毛穴の引き締めに効果があります。

 

ノイス(NOISU)をムダ毛を処理した後の毛穴の引き締めに使う場合には、肌に負担がかからないようにシェービングや毛抜きをすることが大切です。

 

そのために処理を行う前には、まずムダ毛の部分を蒸しタオル等で温めます。

 

そしてシェービング時にはたっぷりシェービングフォームを使って肌に負担がかからないようにムダ毛の方向にそってカミソリを動かしてください。

 

その後肌のヒリつきが治まったのを確認してからノイス(NOISU)を使うようにしてください。

 

 

 

>>ノイス(NOISU)が効果なしの真相とは?